#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんが意味なくちゃんぽん食べ歩いています。

諫早うなぎ巡りその2 楽焼うなぎ 北御門 諫早

諫早でのうなぎを食べ歩く

うなぎはどこがいいだろうか、と聞いてみると、皆が色々なことを言う。以前紹介したのは古い建物も楽しめる福田屋だった。

今回は、北御門とした。創業明治16年、130年余りの歴史を有する北御門では、現在四代目の当主らしい。本明川の川っぷちに駐車場付きで建つ建物は、新しい。諫早駅からも本諫早駅からも徒歩圏内であるから、島原行きの島原鉄道の接続や島原から長崎空港へ向かう接続の際などにも良いのかもしれない。福田屋は本諫早駅に近い。

エントランスから入り、奥のエレベーターで上階に上がる。宴会向けのスペースも多く用意されていたが、残念ながら、コロナ下、あまり利用はされていないようだ。ただし、家族連れや小規模のビジネスランチで、地元のご馳走としての訪問は多かった。

f:id:limken21:20201002141118j:plain

北御門遠景

f:id:limken21:20201002140910j:plain

北御門のエントランス

f:id:limken21:20201002140935j:plain

北御門のダイニングスペース

北御門のメニューは楽焼、せいろむし、ひつまぶしと各種あるものの、諫早といえば、やはり、楽焼一択だろう。

f:id:limken21:20201002140947j:plain

北御門メニュー

f:id:limken21:20201002140958j:plain

北御門のメニュー 楽焼うなぎ、ひつまぶし、せいろ蒸しと多彩である

f:id:limken21:20201002141010j:plain

北御門メニュー 謂れや持ち帰り贈答用のメニューものる

北御門の楽焼うなぎ

北御門の楽焼では、うなぎのタレは、追いができるように、小さなポットで付いてくる。保温作用がある楽焼の上で短時間だが、蒸し焼きにされたところに足すというのは少し変だから、当方では、ご飯にドバドバとかけていただいた。

f:id:limken21:20201002140922j:plain

早速お茶がサービスされる

f:id:limken21:20201002141021j:plain

北御門の楽焼うなぎ

f:id:limken21:20201002141032j:plain

それぞれの蓋を開けてみる

うなぎ自体は、関東のものが好きであるから、焼きでカリッとする表面もどこかうなぎでこれはと思うくらいであった。楽焼の器は彼らにとって発明であろうが、まあ良いものでもない気もする。

f:id:limken21:20201002141043j:plain

楽焼に載ってくるうなぎ

f:id:limken21:20201002141054j:plain

北御門の楽焼うなぎ 熱々のご飯に載せて、タレをかけていただく

店情報

  • 住所: 諫早市八天町4ー3
  • 電話番号: 0957220167
  • 営業時間: 11:00 - 21:00
  • 支払い: 現金、クレジットカードなど

プライバシーポリシー