#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんが意味なくちゃんぽん食べ歩いています。

【長崎県を走る】その1 長崎市内のジョギングコース3+1選

長崎を「さるく」ように走ってみよう

坂の街、長崎ではあるが、長崎市への旅行者・出張者にとっては、実感し難いかもしれない。主な交通機関や宿泊施設は平地に集まっており、そこを移動することが多く、プライベートの観光で、稲佐山の中腹や立山のホテルに泊まることも今では少ないだろう。地形のこともあり、路地や道路は狭いところもあり、信号機も多く設置されており、なかなかの交通量で、スピードを出しての練習というのは難しいのが、また長崎市内の特徴でもある。

f:id:limken21:20200404131542j:plain

猫もさるく長崎。時折疲れたのか、親子で寝そべる。

長崎には「さるく」という単語があり、ぶらぶらと、ウロウロと歩くという意味である。ふと足を止めても良いやと、歩き回る感覚で、路地裏や工場の前、教会、様々な史跡を眺めながら、楽しんで欲しい。史跡にはそれぞれ歴史や由来の銘板が表示されている。

dynamic-nagasaki.hatenablog.com

長崎を走るのに必要なもの

長崎を走ると言っても、特に平常時にトレーニングしている道具で対応可能です。以下のものは必ず使用するでしょう。

  • シューズ
  • ウェア、靴下

夕暮れ時には、ウェアは視認性の高いもの・ライトの使用を!

夜間や夕刻時には、視認性の高いウェアや反射板を使用することを強く勧める。山の急峻な谷間に造成された街であるから、朝は日の出より、日が登るのが遅く、夕方は日の入りより夕暮れは早くやってくる。夕方の時間帯には薄ぼんやりとしか見えないため、反射板や自転車用のライトの使用を強く勧める。歩行者が少なく、車の通行量が多い道路も多い地方都市ならではである。長崎の人々はまっすぐ歩くことができないようで、他所の人からも驚かれることもあるほどである。

dynamic-nagasaki.hatenablog.com

スマートフォン、小銭に加えて、日中のランでは、南国のような日差しを遮るキャップやサングラスなどもお忘れないように。

4月後半になるにつれて、日中の気温はぐんぐん上がり、湿度も高くなっていきます。こまめな水分補給を忘れずに。サイクリングの際の注意事項も記載しているので、そちらも参照されたい。

dynamic-nagasaki.hatenablog.com

おすすめのジョギングコース 3+1選

普段、筆者がベースにしているジョギングコースを元に、ご紹介していきましょう。

出島・中華街周辺がホテルの多いエリアであり、出島を出発点としています。

県庁・県警・水辺の森コース 全長約4km

夕刻になると、ランニングや散歩にでてくる地元の方が多いのがこのコースである。水辺の森公園は周回が700m程度、県庁・県警の周回が1000m程度である。水辺の森公園の周回コースは信号機の設置がなく、水辺の森公園では横断歩道を跨ぐことがないため、スピードトレーニングでも利用できる。県警・県庁の周回コースは5分サイクル程度の信号の代わりであり、走力によっては利用しやすい。

f:id:limken21:20200404125242j:plain

水辺の森公園内。

 

 

寺町コース 全長約8km

長崎の「まち」と呼ばれる旧市街をほぼ半周する往復コース。一周6−7kmほどの小さな領域内で、長崎くんち の踊町は持ち回っている。丘・山が始まる境界ラインに寺社が立ち並ぶ。

f:id:limken21:20200404130602j:plain

由緒ある寺が並ぶ通り。料亭も同じエリアにあり、静かな通り。

 

 

教会巡りコース 全長約12km

出島前を出発し、一気に北上し、浦上の競技場に向かい、浦上天主堂から医科大学前を通り、西坂の26聖人記念館、中町教会に立ち寄り、そのまま繁華街を抜けて、大浦天主堂に向かい、出島へ帰ってくるコースである。クリスマスシーズンとなると、教会のイルミネーションが美しいのが楽しめる。

f:id:limken21:20200404124702j:plain

大浦天主堂。通常時からのライトアップが見られる。

 

長崎ベイサイドマラソンコース 全長約20km

3+1としたのは、これが長距離で、ベイサイドマラソンのコースとなるからである。毎年、11月の中旬に行われていた、長崎ベイサイドマラソンのコースである。港町長崎らしい景色と坂を楽しむコースである。長崎港の奥まったところを走りながら、長崎港を一周してくるコースとなり、立神地区では三菱重工の造船所のそばを走り、煉瓦積みの塀やクレーンの立ち並び、機械油の匂いを感じることができる。そのままトンネルを抜けると木鉢から神ノ島エリアとなり、長崎市に散在する古い集落から神の島教会までを眺めながら折り返す。

ハイライトは女神大橋への傾斜のきつい坂であり、本番ではここでの木鉢の人々の太鼓がランナーを励ましてくれるのだが、長崎らしい急な坂を体感できると思えば観光としても良いかもしれない。競技ではないので、少しコースを外れて、国分町近辺の路地裏などの散策も楽しんでみても良いだろう。

2020年は長崎平和マラソンとして、同じ時期に開催されるようで(新型コロナウイルス感染症拡大により情勢は不安定であるが)、フルマラソンのみとなる。

f:id:limken21:20200404124540j:plain

長崎ベイサイドマラソンの出発。消防艇の放水でお見送り。

 注)ベイサイドマラソンのコースとはやや異なる。Google mapの限界のようである。

 

www.city.nagasaki.lg.jp

 終わりに

こうして見てみると、案外平坦なところが多いことに気づかれることだろう。坂のアップダウンもそこそこあるルートを織り交ぜながら、ご自身の体力に合ったコースやルートを選択してみてほしい。

新型コロナウイルスの影響もあり、ジムなどの運動施設での運動を控えていらっしゃる方もいることだろう。散策がてら、いろいろなコースを試してみて欲しい。

プライバシーポリシー