#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんが意味なくちゃんぽん食べ歩いています。

長崎でちゃんぽんを巡る その28 中華料理 群来軒

江戸町の群来軒

群来軒は旧県庁下、江戸町に位置している中華料理店である。2007年、住吉から移転してきたというが、この辺りでも、そろそろ老舗になりかかってきている。江戸町では、新しい店舗が増えている中、敬天、江戸びし、永楽苑などが最古参になっている中、その次あたりになるのだろう。

f:id:limken21:20200909103445j:plain

群来軒の外観

群来軒の中華料理のシェフは、旧プリンスホテル(現ザホテル長崎BWプレミアコレクション)にあったという李芳にいたというシェフなのだそうである。蘭桂坊のシェフも同じ様な経歴であった様に思う。長崎の今の中華料理界での重要な要素の一つは「李芳」なのかもしれない。

dynamic-nagasaki.hatenablog.com

店内は1階の奥に、二人掛け2つ、四人掛け3つほど、二階にも席が用意されている様で、多様な中華料理のメニューもあるため、宴会やコースも楽しめる。

f:id:limken21:20200909103453j:plain

メニューの一部

廊下には華僑の人々や領事館との繋がりがあるのだろうか、大陸の仰々しい古い酒のボトルが多く並べられている。外観からは薄味そうな、素っ気ない中華料理店の様に見えるのであるが、歴史といい、華僑との繋がりが息づいている。

f:id:limken21:20200909103505j:plain

郡来軒内装 鰻の寝床の様な細長い店舗である

群来軒、住吉時代の写真を見つけたので最後に。

http://diary.mizuyashiki.com/2003/05/0522gunrai/top.htm

群来軒のちゃんぽん

群来軒のちゃんぽんは少し通常から見ると異なるのが面白い。唐子紋様のアクセントもまた面白い。

具材は蛍光ピンクのはんぺん、キャベツ、豚肉、もやし、青ネギ、ちくわなどが入っている。海産物の旨味はあまり出ていない。スープは鶏ガラ出汁、一部豚骨が入っているのだろう、後味に、胡椒の効いているのがまた良い。器は口が開いている、白磁の碗で、唐子があしらわれており、楽しげに踊る様を眺めながら、 ちゃんぽんを啜るのも良い碗である。

f:id:limken21:20200909103432j:plain

郡来軒のちゃんぽん

群来軒の店情報

今度は定食や他のメニューも試してみたい、中華料理屋であった。長崎の地元の人々で賑わう中華料理店である。

  • 住所: 長崎市江戸町5−11
  • 電話番号: 0958263618
  • 営業時間: 11:30 - 14:00 17:00 - 21:00 
  • 営業日: 水曜日休業
  • 支払い: 現金

プライバシーポリシー