#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんが意味なくちゃんぽん食べ歩いています。

サセホ文化

サセホ文化(仮)  その6 蜂の家

定番の蜂の家 かつては四ヶ町の夜店通りのどんづまり、ライオンビルの並びに位置し、かつての赤い風船のケーキ店のあったビルの隣に建っていた。それらはもうなくなり、蜂の家は三ヶ町に移ってきた。かつては「コーヒーの店 蜂の家」と看板が掲げられた、茶…

サセホ文化(仮)  その5 cafe restaurant 白ばら

子供たちにとっての古き良きサセホ文化(仮) 当ブログでは、佐世保の洋食文化・洋酒文化をあわせて、サセホ文化(仮)として扱ってきた。エビフライ、ハンバーグ、ステーキといった、洋食の定番は蜂の家やデパート玉屋の食堂、ポルトの食堂、白ばらでも見かけら…

サセホ文化(仮)  その4 ブルースカイ 伝統・伝来のハンバーガー

歴史とロマンの、伝統のハンバーガー 他所からひとが来たらどうしようかとバアのマスターとヒソヒソと相談して、必ず挙がる店である。また、他所の店で呑んでいて、常連さんや店員さんと思い立って、向かおうという店でもある。「あのオバサマ(JBBaという人…

スマイルホテル(旧富士国際ホテル) 佐世保市【宿泊】

米軍のお膝元 三ヶ町エリアのホテル 1986年開業で、スマイルホテルとなる前には、富士国際ホテルであった。立地は以前紹介したクインテッサホテル佐世保(旧ホリデイイン)とは道路を挟んで反対側にある。海軍の鎮守府の置かれていた平瀬橋から向こうの…

サセホ文化(仮) その3 ステーキサロン アサクラ

ステーキのサルーン ステーキハウスやレストランというところが佐世保には多いが、ついにはステーキサロンなる業態があるのである。ゆっくり語らいながら、ステーキを味わうことができそうな雰囲気と、かつてのアメリカ的なサセホの空気が店内の各所に残って…

サセホ文化(仮) その2 ステーキハウスらんぷ 老舗のフィレステーキ

らんぷ 佐世保にはステーキハウスと呼ばれる業態が多い。鉄板焼きよりステーキハウスなのである。鉄板焼きというのはカウンターに鉄板がおかれ、客の前で料理人が海産物だの肉片だのを焼いてみせるパフォーマンス重視の飲食店である。佐世保ではあまり聞かな…

「思い立ったら佐世保で泊まって遊ぼう」で佐世保を楽しむ

Gotoトラベルとは異なる佐世保を楽しむキャンペーン 「思い立ったら佐世保で泊まって遊ぼう」の利用方法 クーポンの購入 利用可能施設の確認と予約 現地で利用・決済 サセホ文化巡りの一例 ー福岡からのレンタカーで西九州を楽しむー 福岡空港国内線ターミナ…

サセホ文化(仮) その1 らんぷ亭 タンシチュー

らんぷ亭 佐世保、中央公園の向かいにあるらんぷ亭は平成元年に創業し、30年を超えて営業する、佐世保の洋食でも老舗の店になった。ステーキと酒の店、らんぷとは別の店であり、電話口でもそれをなんとなく匂わせる様に確認をされるのである。アーケード沿…

サセホ文化(仮) はじめ 佐世保の洋食/洋酒文化

サセホ文化(仮) 佐世保には海軍、米海軍から流れ込み、地元のブルジョワジーから愛され、徹底的に彼らなりに昇華されてきた「佐世保文化」(仮称)があった。1960年代から1970年代に見られた、洋酒、洋食を中心とし、ホームパーティーを自宅でも開催する、米…

プライバシーポリシー